ワキガ・多汗症治療の今。保険適用や入院不要も当たり前に

現代のワキガ治療はここまで進んでいる!

ワキガの悩みから解放された男性

食の欧米化など体質的な問題で、多くの人が汗の臭いやワキガに悩んでいます。
ですが、近年のワキガ治療には凄い進化があります。
ですので、ワキガは治らない病気ではありません。

そんなワキガ治療ですが、治療法は大きくわけて2つにわかれます。

まずは臭いを減らす為の治療、 そしてワキガの原因を取り除く治療です。
治療方法はその人のワキガの原因で決まります。

進化がすごいワキガ治療を紹介。

まずは、クイック法と呼ばれている治療法で電気凝固法と電気分解法、ボトックス注射などがあります。
電気凝固法
電気凝固法は高周波や超音波を使用して行う治療法で、毛根に高周波や超音波を流す事でワキガの原因となっている皮脂腺、アポクリン腺、そしてエクリン腺を破壊し除去する方法です。

電気分解法
そして、電気分解法は電気凝固法と似ていて毛根に高周波を流すのですが、臭いが一時的に消えるだけの治療になります。
ですので、ワキガを真剣に直したいという人にはあまりオススメできません。

ボトックス注射
ボトックス注射では、ポツリヌス菌を排出する菌を注入し、一時的に汗腺の働きを抑える方法になります。
これもまた一時的な治療法になります。

手術という選択は…

手術ではワキガの原因のアポクリン腺を一つずつ切除する手術の剪除法。
そしてワキガがおこりやすいといわれている毛周辺ですが、毛が生えている一体を皮脂や汗腺ごと切除する方法の手術などまだまだ沢山の種類の手術がありますが、ほとんどが、皮脂や汗腺を取り除く手術方法となります。

手術で治すか、クイック治療で治すかはその人のワキガの状態などで専門医師が判断することとなりますが、
ワキガに悩んでいる方の多くは、ワキガの治療法がこんなにも進化しているということをご存じないでしょう。

ワキガと一生付き合ってはいけませんよね。
ですので、しっかりと専門医師へ相談してワキガを改善、治療してほしいと思います。
ワキガになると周りの目線が気になって精神的にきついでしょう。
そのままワキガをほっとかないで、勇気を出して治療することがワキガ改善を早めてくれますので早めの治療を行いましょう。





トップに戻る↑