体臭の分類

体臭の分類。3種類の臭いの原因について

多くの人が悩んでいるものといえば「体臭」ですが、
体臭のニオイや原因にはいろいろな種類がある事をご存じでしょうか。

ここではそんな多くの人が悩んでいる体臭について紹介していきたいと思います。

体臭には大きくわけて3種類にわかれます。
まずは『脂質系の臭い』、そして『蛋白質系の臭い』、最後は『炭水化物、糖のニオイ』となります。
それぞれ一ずつご紹介していきます。

脂質系のニオイ

皮膚や汗からでる気になる体臭は脂質系のニオイとなります。

汗や皮膚のニオイといえばワキガです。
そして加齢臭、汗のにおいが強いといった体臭です。
脂質系の体臭は多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。

わきがの原因といえばアポクリン腺からでる臭いでワキガを改善するには施術が必要となります。
そして汗のにおいはエクリン腺から発生するイソ吉草酸、低級脂肪酸などといった酸系のにおいが原因となっています。
また甘い匂いがする人がいますが、甘い匂いは糖尿病患者の体質で良くにおう臭いになります。

蛋白質系の臭い

蛋白質系の香りは口臭や便が原因です。

臭いとしては玉ねぎのニオイや尿のニオイ、腐った魚のニオイといった臭いがあります。

口臭の原因としては歯槽膿漏や虫歯などの口の中の微生物が発生させる臭いです。
そしてたまねぎのニオイなどは胃など内臓系から臭います。

炭水化物、糖のニオイ

炭水化物系のニオイですが、
こちらは口臭や汗から臭う体臭になります。

炭水化物系の体臭の原因は日頃の食生活が原因の可能性が高くなります。

運動をしない人やたばこを吸う人、そして食事で油っこいものや肉ばっかりを食べる人などいろいろです。

これらの炭水化物系の臭いは、禁煙や適度な運動、食生活の見直しなど、
健康を意識した生活習慣へと改善することである程度予防できるでしょう。

まとめ

このように体臭のニオイによって原因が全く違ってきます。
気になる体臭を改善させるにはまずは、自分の体臭がどの部類にあてはまるかを知り、そして原因を知る事で体臭を改善させる事ができます。
まずは体臭の原因を知る事が一番重要な体臭改善のポイントとなる事を覚えておきましょう。
原因を知る事で早めの治療や改善ができます。

【豆知識】
⇒国による体臭の考え方・捉え方の違い





トップに戻る↑