汗臭・汗を抑える方法

男女・年齢・季節を問わない汗臭のケア

体臭のストレスから開放されて笑顔の女性

あなたは良く汗かきますか?

汗って臭いがするのでなるべくはかきたくないものですよね。
ですが、夏場はどうしても汗をかいてしまいます。

また近年では、若年層の中で汗が強く臭うという人が増えています。
女性も男性も同じくらい汗の臭いで悩んでいるという人は多いものです。
若年層で汗の臭いで悩んでいる大きな理由としては、食の欧米化は大きな理由ではないでしょうか。

そんな悩みの種の汗の臭いですが、
どのようなケアで抑える事ができるのでしょうか。

良い汗をかいて臭いを和らげる方法

汗には体内で発生した熱を放出し体温を一定に保つ為の体温調節という重要な役割があるため、汗を全くかかないという事はできないものです。
ですので日頃から良い汗をかく、そして汗をかいた後のケアを行う事で体臭を抑えるために必要です。

まずは、外出する際には制汗剤を使用するという点、そして日頃から濡れタオルで汗をこまかく拭き取る事です。

なるべくは汗を衣類に浸み込ませない事も大切です。
汗が衣類に浸み込む事で衣類に雑菌が繁殖してしまいます。
その雑菌が強烈な臭いを放つ元となるので、わき汗パッドなどを使用するのもおすすめです。

また日頃の生活でも良い汗をかく方法があります。
まずは、日頃からクーラーの生活をやめるという事です。
クーラーばかりにたよっていると、体はあまり汗をかかなくなります。
そうなると汗腺の機能が低下するので臭いがある汗をかくようになってしまいます。

臭いを予防する習慣

日頃から運動をして汗をだすようにしましょう。
汗を体の中にため込む事で臭いが強くなりますので、日頃から汗は出すように心がける事でも嫌な臭いの予防に繋がります。

そしてもう一点は、夏場でも湯船につかって汗を出すようにしましょう。
運動がなかなか難しい人は湯船につかるという事でも、だいぶ違ってきますので湯船は非常に良い方法です。

このように少しの努力や生活にプラスするだけでも汗の臭いを抑える事が出来ます。
ぜひ、参考に実践して効果を知ってほしいと思います。
日頃の生活にプラスするだけで汗の臭いが治まれば、周りへ嫌悪感を与える不安や心配もすくなくなるでしょう。

汗は生理的に止められないものです。
自然と出るものをなくすのではなく、量を抑えたり、臭いの元をなくす事が改善への道です。





トップに戻る↑